学校教育において、実社会で成功するために必要なことが教えられているだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・老後の資金の保証がどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。紅茶には、新しい指針のヒントが隠されています。