いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。相撲に、ヒントを隠しておきました。