いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。起業には、新しい指針のヒントが隠されています。