学校教育において、実社会で成功するために必要なことが教えられているだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・そこには自由な生活はどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。土俵に、何かヒントが隠されているかもしれない。