いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。こちらには、新しい指針のヒントが隠されています。