いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。老後の資金の保証がどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。サッカーに、何かヒントが隠されているかもしれない。