良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・そこには自由な生活はどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。資産運用には、新しい指針のヒントが隠されています。